時代の先を行く開発型企業。「総合機械メーカーの丸善工業」
English  

社長挨拶

経営理念

  1. 丸善工業に関係する人、全てが精神的にも物質的にも豊かで幸福な生活を営めることを図る
  2. 丸善工業の永遠の存続を図る
  3. 創業者精神の「創る」を経営の基盤として、日々新たな創造を図る
  4. 世界の企業・人々との交流を今後も積極的に推進する
  5. 技術の高度化を図り、先ず「No.1」に、更に「Only One」になることを目指す

 

日本に於ける少子高齢化時代の到来、また世界的には、地球温暖化、人口増、食糧危機、民族や宗教間の紛争など、現代社会は多くの課題を抱えております。
これらは、急速に、しかも予測し難い方向へ社会構造を変革させようとしていますが、丸善工業の経営理念は、時代がどのように変化しても、経営の基盤をなす不変のものと確信し、今後の経営に当たって参りたいと考えております。

 

ごあいさつ


当社は、小型建設機械、自動車検査装置、包装梱包関連機器等のメーカーとして、皆様のご支援を戴きながら、活動を続けてまいりました。
おかげさまで、創業者精神の「創る」を経営基盤としての事業活動も、2016年8月から63年目に入りました。

今年は、次代の更なる飛躍に向けた下地作りの期にする予定です。
もの作り競争力を徹底強化する為に生産システムを刷新する計画です。
加えて、新規事業開発も開始します。

現在、当社の事業の約半分は建設機械事業です。そのユーザーとなる建設業従事者数は、これからの10年間で100万人以上減少すると言われています。
加えて、高齢化も急速に進みます。将来的には人不足で仕事をこなせないという状況になることが予想されます。そのような背景から、創業以来、多品種少量生産に磨きをかけてきた当社は、現在、人不足の解消に寄与する省力化機械の開発に力を入れています。

自動車検査装置事業では、自動車の進化に合わせた検査装置の開発が増えています。当面は同様の状況が続くと予想されるため、開発スピードを上げて、お客様の期待を上回る商品を供給していきたいと考えています。

今期も中小企業ならではの小回りをきかせて、お客様の要望を形にし、お客様に笑顔を返していただけるような仕事に、社員一同力を合わせて取り組んでいく所存です。

何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年8月1日
丸善工業株式会社
代表取締役社長 諏訪部行生