時代の先を行く開発型企業。「総合機械メーカーの丸善工業」
English  

油圧ハンドブレーカ / BH-05B

特長

・チッパータイプで仕上げハツリに最適

・油圧式のため、抜群の破壊力を実現!
 凍結の心配もなく、寒冷地での作業にも適しています。

・排気吐出音がなく、低騒音で粉塵の飛散が少量!

仕様

型式 BH-05B
外形寸法(mm) 428×176×94
質量(kg) 6.6(工具含まず)
作動圧力(MPa) 9.1~10.8
最高圧力(MPa) 17.2
所要油量(ℓ/min) 20.5
打撃数(bpm) 2700
シャンク寸法(mm) Φ17.5×60(丸シャンク)
接続口金 3/8インチカプラ
推奨作動油 ISO VG32(標準使用)または
ISO VG46 相当耐摩擦性作動油

 

特別工具

使用方法

1.油圧チッピングハンマーのホースを小型パワーユニットU-070型のホースに接続します。
(ホース延長は3/8×10mまでです)

2.工具を組み付けます。

①フロントエンド部に③工具を差し込み②フロントキャップを①本体に手で堅く締まるまで、ねじ込みます。

 

3.小型パワーユニットU-070型のエンジンを始動し、暖気運転を行います。

4.チッピングハンマーの④ハンドルグリップとサイドハンドルを握り、「はつり」の位置を決めて、⑤コントロールレバーを握ると油圧チッピングハンマーは作動します。

 

 

サイドハンドルの取付け方法

1.サイドハンドルの六角穴付M8ボルトをゆるめ、フロントキャップより大きくし、下から差し込みます。

2.フロントエンド部の位置で六角穴付M8ボルトを締めてサイドハンドルをフロントエンドに締付けます。

3.取付後サイドハンドルを握り、ゆるみがないことを確認します。
締付けが不十分のまま使用すると、使用中に外れたり、破損することがあり危険です。

保守点検

1.日常点検・仕様前の点検項目

本機をご使用になる前には必ず表の項目を点検し、異常がある場合には当社または当社サービスセンターに依頼して下さい。

 

No. 点検項目 処置
1 ハンドル防振ゴムの亀裂や剥離 ゴムに亀裂や剥離が見られるときは交換
2 ハンドル取付けのゆるみ ハンドルにガタがあるときは増締め
3 ホース取付けのゆるみ 緩んでいるときは増締め
4 ホースの損傷 傷があるときは交換
5 ボルト、ナットの緩み 緩んでいるときは増締め
6 フクロナットの緩み 緩んでいるときは増締め
7 油のにじみ 油が溜まっている場合は、点検後処置
8 サイドハンドルの緩み、傷、亀裂 緩みはボルト増締め、
傷や亀裂があるときは交換
9 フロントキャップの亀裂 亀裂があるときは交換
10 工具の傷、亀裂 工具の表面に折損につながる傷、
または亀裂があるときは交換

 

2.定期点検

定期点検は当社または当社サービスセンターに依頼してください。

 

点検項目 処置
アキュムレータガス充填 300時間または1年
アキュームレータダイヤフラム交換 500時間または2年
バルブロッド部Oリング交換
Uカップパッキン交換
各部Oリング交換 3年
お問い合わせ 製品Q&A カタログDL