時代の先を行く開発型企業。「総合機械メーカーの丸善工業」
English  

油圧ハンドブレーカ / BH-22

特長

・重機、クレーンの油圧を利用して使用可能!

・排気吐出音がなく、低騒音で粉塵の飛散が少量!

・油圧式のため、寒冷地でも凍結しません!

仕様

型式 BH-22
外形寸法(mm) 645×421
本体質量(kg) 22(工具含まず)
作動油圧(MPa) 8.8~12.7
最高圧力(MPa) 20.6
所要油量(ℓ/min) 20~25
打撃数(bpm) 1400
シャンク寸法(mm) 1”六角×108
接続金具 3/8インチカプラ
延長ホース(m) 1/2インチ×20
推奨作動油 ISO VG32(標準使用)または
ISO VG46相当耐摩擦性作動油

 

特別工具

使用方法

油圧源の圧力、流量が本機の仕様に適合していることを確認して下さい。

 

作業準備

1.本機のラッチを開き工具を挿入します。
六角シャンクの工具を挿入する時に途中で引っかかる時は工具を少し回転させて下さい。

2.ラッチを閉じます。工具を引っ張った時工具が抜けないことを確認します。

 

 

 

3.カプラにゴミ埃が付いていないことを確認し、延長ホースで本機と油圧源とを接続します。
(接続後は、カプラロックをして下さい)

 

 

4.油圧源を起動し、本機に油が流れるようにします。

 

実作業

1.工具を破砕物に直角に当て、本機を少し押さえ込むようにしてコントロールレバーを握ると打撃を開始します。

 

2.1箇所を30秒以上打撃して割れない時は場所を変えて下さい。

3.10秒以上空打ちさせないで下さい。

 

作業終了

1.作業終了後、油圧源を停止します。

2.工具を押し込み、ピストンを押し上げた状態にします。

3.延長ホースを取外します。

4.本体ホースのカプラを互いに接続しゴミ埃の付着を防止します。

5.本機に付いた泥や汚れを清掃します。

保守点検

1.長期保管時の処理

(1)本機を油圧源に接続し、直径φ20~25mm 長さ350mm以上の棒を工具差込口に押し込み、ピストンを上限まで押し上げた状態にして下さい。

(2)工具挿入口からピストンに防錆潤滑剤を塗布します。

<注意>
上下(1)・(2)を守らないと、ピストンに錆が発生し、油漏れの原因となるおそれがあります。

(3)本機全体を油で湿した布で拭き清掃します。
カバーを掛けて湿気の無いところに保管して下さい。

 

2.定期点検

定期点検は当社または当社サービスセンターに依頼して下さい。

 

点検項目 点検周期
アキュムレータガス充填 1年
アキュームレータダイヤフラム交換 2年
バルブロッドO部リング交換
Uカップパッキン交換
ラッチの摩耗量確認
(使用限界は下図示す寸法)
1年

※アキュムレータのガス充填圧力は3.9MPaです。

ラッチの使用限界

お問い合わせ 製品Q&A カタログDL