時代の先を行く開発型企業。「総合機械メーカーの丸善工業」
English  

油圧引き抜き機 / EH-100

特長

・中空シリンダー方式で垂直引き抜き!

・10tの強力な引き抜き力!

・ボールクランプ方式で作業も簡単!  

仕様

型式 EH-100
外形寸法(mm) 403×379
本体質量(kg) 33
中空部内部 φ95
ストローク(mm) 175
最大引き抜き力(t) 10
クランプ径 φ31~φ41

使用方法

作業準備

1.油圧ユニットの作動油・エンジンオイル・ガソリンの量を確認します。

2.ハンドブレーカに採土管打込み工具を装着します。

 

3.ベースプレートを所定の位置(採土する位置)の上にセットします。
ベースプレートは水平になるように、またガタの無いように調整してください。

4.中空油圧シリンダをベースプレートにセットします。

 

5.油圧ユニット・ハンドブレーカ・中空油圧シリンダ及び中空油圧シリンダ操作部を各部の接続方法図に従って油圧ホースを接続します。
カプラにゴミや埃が付着しないよう注意してください。
カプラが確実に接続されているかチェックし、ロックをかけてください。

6.採土管を打ち込みができるよう組立てます。

7.油圧パワーユニットを始動し、数分間低速で暖気運転します。

8.操作弁部の切換えレバーをハンドブレーカ(打込み)側に切換えます。

 

打込み作業

1.油圧パワーユニットのエンジン回転を高速にします。

2.採土管を中空油圧シリンダの中心部に垂直に立てます。

3.ハンドブレーカに装着した打込み工具を採土管ロッドにかぶせ、ハンドブレーカを作動させて打込みます。
所要の深さになるまで採土管ロッドを継足しながら打込みます。

<注意>
全てのロッドを使うような打込みの場合、最後の1本は中空油圧シリンダ上面から約20cmロッドがでている位置で打込みを止めてください。
引き抜き時、ロッドのクランプが出来なくなり、引き抜き不能となるので注意してください。

4.打込み終了したら、ハンドブレーカを取外します。

5.油圧パワーユニットのエンジンを低速にします。

 

引き抜き作業

1.中空油圧シリンダとロッドにボールホルダーとクランプケースをセットします。インロー部が確実にはいるようにセットします。

 

<注意>
ロッドを引き抜く場合には、ロッド先端部がボールホルダー上部より出た状態で引き抜かないと、クランプ破損する場合があります。

2.操作弁の切換えレバーを中空油圧シリンダ(引き抜き)側に切換えます。
油圧パワーユニットのエンジンを高速にします。

 

3.操作弁部の操作レバーを伸び側に動かすとシリンダロッドが伸び採土管がクランプされ引抜かれます。

4.シリンダロッドが伸びきったならば、操作レバーを縮側に動かすと、シリンダロッドが縮み採土管のクランプが外れクランプケースが下降します。

5. 「3.4.」の操作を繰り返して、引抜きを行います。

 

6.シリンダロッドを縮めている時に、採土管とクランプケース部とが同時に下降する状態になったら、シリンダロッドを縮め、操作を中止します。
ボールホルダーとクランプケースを取外し、採土管を手で抜き取ります。

7.油圧パワーユニットのエンジンを低速にし、1~2分運転した後、停止します。

 

作業終了

1.油圧ユニット、油圧ブレーカ、操作弁、シリンダを接続しているホースを取外します。
ホースはオス・メスカプラをお互いに接続しておきます。

2.操作弁、シリンダ、クランプケース等の土や埃を取り除きます。

3.油圧パワーユニットのハンドルにホースを巻き付けます。

4.打込み工具をブレーカから取外します。各部が高温になっているので必ず手袋を着用してください。

 

使用後の処置

1.各部の埃や泥等を掃除します。

2.ポールホルダー、クランプケースに防錆油等で防錆処置をします。

3.採土管や採土管ロッド等は水洗いで泥等を良く落とした後、乾燥させその後、防錆処置をします。

保守点検

安全に作業するために、定期的に行いましょう。

1.日常点検

点検項目 点検周期
各部ボルト・ナットのゆるみ ゆるんでいる時は増締め
操作レバーの動き 動きが悪い時は修理依頼
ホースからの油漏れ 交換
油圧金具継ぎ目から油漏れ 増締めあるいは交換
シリンダからの油漏れ 修理
泥、ゴミ等の付着 ブラシ、ウエス、エアーガン等で清掃

 

お問い合わせ 製品Q&A カタログDL