時代の先を行く開発型企業。「総合機械メーカーの丸善工業」
English  

油圧コンクリートチェーンソー / MDC-300

特長

・軽量(7.3kg)コンパクト、低騒音!

・チェーン脱着、緩み調整操作も簡単!
 (最大切断深さ300mm)

・耐久性に優れたダイヤモンドチェーン装備!

仕様

型式 MDC-300
外形寸法(mm) 692×283×305
本体質量(kg) 7.3
バーサイズ 330×57.2
作動油圧(MPa) 11.7~15.5
所要油量(ℓ/min) 20
回転数(rpm) 500
チェーンセグメント 50個
所要水量(ℓ/min) 9
所要水圧(MPa) 0.3

製品ムービー

使用方法

チェーン取付方法

1.3点の部品を準備する。

2.チェーンをバーにセットする。

3.チェーンカバーを取り外す。

4.バーにセットされたチェーンをスプロケットに装着する。

5.チェーンカバーを取り付けて仮締めする。

6.チェーン調整用スクリューでチェーンの張りを調整、カバーを本締めする。

 

切断手順


<注意>
始動前及び操作中、チェーンガードがしっかり付いているか確認してください。
確認を怠ると深刻な怪我に結びつくことになります。

1.補助ハンドルは、左手で握ってください。 初の切断をする場合、ハンドルの適当な部分を使ってください。

2.右手でコントロールレバーを握ってください。

3.必要な切断をする対象物にソーを位置してください。

4.安全のためのロックレバーを外し、コントロールレバーを握りこんでください。ソーがスタートします。

5.切断対象物にチェーンを送り込む場合、切断幅はチェーンセグメントの幅と同じ幅になります。
セグメントの幅が、既存の切断幅より狭い場合、チェーンの再度クリアランスが早期に摩耗し、チェーンの破損を引き起こしますので、注意してください。

6.切断をする時は、切断対象物にチェーンを急激に突っ込むようなことはしないで下さい。
衝撃によりチェーンの寿命及び性能が落ちることになります。

7.始動前に切断プランを立ててください。ソーが切断を開始すると切断の方向を簡単に変えることは出来ません。
切断の時は、曲げたり、捻ったりしないで下さい。

8.過度の送り力は加えないようにして下さい。最良の切断をするためには、コンスタントなチェーンスピードが重要です。

9.プランジ切断の時は、ソーを上下に揺らして、切断口を大きく取って下さい。
ソーのプランジ切断の送り力を強くしすぎるとソーが振動し、摩耗、破損に繋がることがありますので、送り力は適切に保つようにして下さい。

10.切断の間、チェーンのテンションを頻繁にチェックするようにしてください。

 

停止

1.コントロールレバーをはなし、ソーを停止させてください。

2.取扱説明書に従い、油圧源を停止させてください。

3.懸濁液をソーから洗い流し、乾燥させてください。

4.水の供給システムを停止させてください。

5.ソーの油圧接続部を外してください。

<注意>
油圧源が作動している間、また、油温が高い状況では絶対にソーの油圧作動部または、油圧コンポーネント、ライン、カプラ等を外さないようにして下さい。
ソーのノーズを下に向け、水を流しだしてください。 できれば、エアーコンプレッサのエアーで水を吹き飛ばしてください。
次の使用のために、ライトコーティングオイルをソー全体にスプレーしてください。
チェーン、バー、ノーズスプロケットが、オイルでコーティングされていることを確認してください。

お問い合わせ 製品Q&A カタログDL